案ずるより産むが易し

案ずるより産むが易し

どうも自分は心配性で、ネガティブな気持ちばかりが先に立ってしまう。
そんな悩みを持っている人は少なくありません。
そんな人を勇気付けるのにピッタリな言葉が、「案ずるより産むが易し」。
これは、出産に先立ち、出産の痛みに耐えられるだろうか、生まれてきた子をしっかり育てられるだろうかと悩む妊婦をさして言われた言葉ですが、生活のあらゆる場面でこの言葉が当てはまりますよね。
大きなプロジェクトを始動する前の責任者、結婚を迷う人、新しい環境に飛び込む人。
人は誰しも、未知の領域に足を踏み入れる前には、少なからずネガティブな気持ちを抱くものです。
そんなとき、この言葉を思い浮かべて欲しいものです。
時には開き直りが大切なことだってあるのです。